<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
profilephoto
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
         
ARCHIVES
満開のあと

満開のあとの姿が大事。

温室から奥へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このトゲトゲはどんなバラだったのでしょう?

いつも教えてくれた方にはもう会うことができなくなってしまって、

何も挨拶できなかったことが悔やまれます。

 

 

 

| 歩いて見たこと | - | - | pookmark |
ズッキーニ

ズッキーニは今が季節なはず。

 

 

 

 

 

 

枠組みの規則性と内容の不規則性の連立。

 

これはよくできた気がしました。

秋になったら今度は長茄子で彫りたい。

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
りんごのリハビリ

昨年の夏は体調不良でフルーツもいまひとつで

久しく手を付けていなかったので、スイカの季節を前にリハビリ。

 

 

 

 

 

 

 

ラインの太さが良くなかったけど、あげちゃった。

扉の模様のりんごの印象が良かったので、秋になったらまた彫ってみよう。

 

 

 

 

やっぱりあかねで彫りたい。

 

 

 

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
新しいリース

白いリースは贈り物に。

 

 

新しいリースはうすいグリーンで。

白いリボンと一緒に。

花の形を新しいスタイルにして、より春らしく。

 

 

 

 

春の夜の満月です。

 

 

今月の色はブルーグレーで素敵でした。

ニゲラがもう実になっていて、ポンポンしたものが

たくさんふわふわしているのは楽しい景色でした。

 

「普通でない優れたところがあって、

 恐れ多いものを神という。」

 

本居宣長が『古事記伝』の中で、

日本人が古くから持っていた「神」に対する考え方を述べたもの。

 

万象の美しさの中に神の業を感じて、

いつの季節も皆楽しくありたいと思います。

 

 

 

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
バラとつぼみ

 

 

バラのアレンジにつぼみを入れてみました。

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
<< | 3/380PAGES | >>