<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
profilephoto
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
         
ARCHIVES
風景【春の小道】

ゆるやかな坂のある道を歩く楽しみ。

 

 

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
風景【サクラ】

心に留まっている風景は重なりあって

本物から離れていくけれど

記憶として印象的にまとまり続けます。

 

そういう変化していくものを彫り続けたい。

 

 

 

 

 

春のご挨拶に。

 

 

 

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
風景【チューリップ】

風景として飾る。

 

 

 

 

原産地のチューリップは先がツンとしています。

 

 

影をつけると炎みたいです。

 

 

 

今月の紙の色は今までにない若々しい緑色でした。

桜はあっという間に散ってしまって、

春の草花も早く咲きそうです。

 

 

 

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
模様【開かれる心】

これは人気のある模様の1つですが、

 

入り口は常に開かれていて

精神的なものへ向かうスペースとならないといけない。

 

という訓示の模様です。

 

作品展でもその訓示が活きるような2つの場面で使いました。

どこかわかりますか?

 

 

 

楕円で作ってみました。

 

 

上下で模様の終わり方が異なります。

 

 

 

アレンジしてみました。

なんだか硬かったので。

 

 

 

 

棘の花と飾ります。

 

 

毎年1つは作りたい大切な模様と花はいくつかあるのですが、その1つです。

 

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
サーモンピンクのバラ

影も美しく。

 

 

 

 

今までライトの位置を考えたりする余裕がなかった

シビックセンターの展示でしたが、

今回はライトの向きと場所を考えてみました。

 

 

サイカチの実の影があるのとないので違います。

 

 

 

これも左右からライトが当たる位置に展示したので、

バラのかたちが左右の壁にできて、

透かしの葉っぱの影も壁にできていて、

影がないこの写真より立体的でした。

 

 

この並びはルイス・キャロルのアリスからで、

赤バラがRed Queen、つぼみがAlice、下の白い花がWhite Queenでした。

 

 

鏡の国でアリスは赤の女王に誘われて

チェスゲームにボーンから参加します。

白の女王には途中で出会って、髪の毛のネットを直してあげます。

 

最初はグラスに帽子のように被せようと思っていましたが、

透かしが良く見えるようにしました。

三角形、四角形、五角形、六角形の組合せでした。

 

 

グラスを支える器の中も細かく彫ったので、

見えたらよかったのですが、

 

 

それは背が高い方でないと見えなくなってしまいました。

 

三角のダリアはそれほど難しくはないのですが、

高い縁の内側に模様を彫るのは少し大変です。

さて、なぜでしょう?

 

 

これはジョン・ダンのSONG第1連から6点のうちの1つ。

引き抜かれたマンドレークの根っこに引き裂かれた悪魔でした。

これも影が出ることで印象が変わりました。

 

 

 

作品展のお話・詩は以下の通りです。

シェイクスピア テンペスト、ソネット

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ ハウルの動く城(ジョン・ダン ソング)

ルイス・キャロル 不思議の国のアリス、鏡の国のアリス

バーネット/土屋京子訳 秘密の花園

ワーズワース 水仙

 

そして、モンテーニュ/宮下志朗編訳 エセー抄 より言葉を貸していただきました。

 

光文社さんと土屋さん、みすず書房さんと宮下さんには

ご快諾いただいてありがとうございました。

 

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
<< | 2/375PAGES | >>