<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
profilephoto
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
         
ARCHIVES
<< 2年目の水仙 | main | 二重花芯の花模様 >>
小鳥と

 

ころん・ころん・ころん。

今はベージュも加わって賑やかです。

昨年のパンジーたちは色合いが落ち着いてきました。

 

 

今月は明るいオレンジ色でした。

 

楽しきと思うが楽しき本なり

(松平定信)

 

楽しきことは良きことですね。

 

 

もう1つ。

 

(略)

清沢は、

真の朋友は宗教的根拠に立つものでなくてはならない

と言います。

そしてその宗教的根拠とは

「絶対無限を信憑(しんぴょう)すること」である

と言うのです。

地域社会や、共通の興味など、常に「相対有限」な条件を

「とも」の根拠とする私たちに、

条件付きの仲間作りは、

結局条件を満たさない者を傍らに追いやっていくことになる

ことを教えるのが「無限」としての宗教である

と清沢は言うのです。

 

元気な者中心の世の中では病気の者は傍らに追いやられ、

お金が中心になればお金をもっていない者はやはり辛い思いをさせられる。

いつでも何処でも誰の上にも、

平等を実現する根拠を見出すことによって、

このような「相対有限」な条件でともを求めるありかたを翻す。

 

ここに仏教の大切な意義を見出したことが、

清沢満之の果たした大切な仕事だったのです。

 

略の部分はこちらでどうぞ。

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |