<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
profilephoto
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
         
ARCHIVES
香りの贈り物

GWは香りの贈り物を作ってみましょう!

 

 

たてよこのリボン模様は薄く薄く削ります。

薄ければ薄いほどリボンらしく見えます。

 

GW中は東急ハンズ池袋店で7日にワークショップがあります。

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
ローズピンク

この色はとてもバラが綺麗に見えます。

 

 

 

 

 

どんな向きにおいても素敵。

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
薔薇の季節に

今年も薔薇の季節に。

 

 

 

立体の面白いところはいろんな向きから楽しめること。

 

 

 

 

飾るときに気に入った風にアレンジできます。

今年は蔓になっている葉っぱを使って

よりアレンジしやすいようになりました。

薔薇の色も豊富になりました。

 

 

 

 

5月、京成バラ園でお待ちしております。

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
カールのバラ

これもボタン色。

 

 

 

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
ボタンイロ

少し小ぶりのボタンイロ。

 

自然光で撮ったとき。

 

 

蛍光灯で撮ったとき。

 

 

全然違う色みたいですが、この中間くらいの色合いです。

どう撮っても綺麗に見えてしまう不思議な色です。

 

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
チューリップの夢

 

チューリップはとても歴史のある花で

多彩な形と色があります。

 

チューリップベースという特別の磁器があって、

イギリスでもオランダでも

チューリップは噴水のように生けられてました。

 

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
春の花、春のうさぎ

黄水仙。

新しい立体の花。

 

 

イースターのうさぎチョコレートと一緒に。

今日はイースター・サンデーです。

 

 

 

4月8日のお花まつりももっと賑やかにしてみたらいいのに、

とたまに思ったりもします。

白い象のチョコレートとかあったらいいと思います。

 

 

 

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
グリーンDAFFODILS

風景の練習。

ハネデューメロンは小玉があるのでちょうどいいですね。

 

 

 

コリンキーとかキンショーメロンでもいいかもしれません。

 

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
置き土産あれこれ

マーケットのりんご。

 

 

どんな味だったのだろうか?

 

 

 

硬水でも泡立つといいのだけれど。

 

 

それから、

空港でなんとなく購入したキットカットを

結局食べなかったので、配ってみました。

タクシーの人とかホテルの人とか。

とても驚かれたけど。

 

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
こいのぼり

今月は始まりが少し遅くて、

桜色の短冊は少々無理やりに(?)頂戴いたしました。

 

 

慎みてな怠りそ

(倭姫命 やまとひめのみこと)

 

「気持ちを引き締めて、

 油断しないで下さい。」

 

 

出かける前に読んでいたら、

きっと生の食べ物を食べたりしなかったでしょう。

それだけでなく、いろいろのんびりしすぎな気がします。

 

今年の色は花の色シリーズかもしれないと今更ながら思いました。

1月は紅梅、2月はヒヤシンス、3月はミツマタ、4月は桜。

5月は藤でしょうか?

 

 

そして、今月はこいのぼりレッスンができます。

 

 

 

1回のレッスンで全部は無理でしょうが、

屋根よりも雲よりも高く舞い上がらせてみましょう。

あまり高いと紫外線も気になるので、

日射病にならないように帽子も作ってあげましょう。

マゴイをまず作って、その他はお時間次第です。

 

 

 

きょうのことば

「「自由な学芸」とは、それ自身のうちに目的をふくむような人間活動です。」
ヨゼフ・ピーパー(『余暇と祝祭』講談社 53頁)

 

以下はその解説の一文です。

 

人間が人間として生きるには、

現実の生活の役には立たないけれども

人間のみが問い得る事柄に真摯に

向き合っていくことが不可欠なのです。

 

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
| 1/119PAGES | >>