<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
最初の花

新学期、最初のレッスンは彫刻刀の花。

 

 

 

基本だから何度も作ります。

慣れてきたら、葉っぱを工夫しましょう。

葉っぱはいろんな形があります。

観察して、そのイメージを彫ります。

 

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
4月のことば

くり抜き動物シリーズに小鳥が加わりました。

 

 

シンプルにかわいらしく。

水色で作ってもよさそうです。

 

 

今月の言葉

すべてのひとは共に恭敬(くぎょう)もて聴け。
『十地経論』(『大正新脩大蔵経』26巻)

 

共に学ぶものと共に聴き、共に話す。

お互いに敬うところが学びの出発点です。

 

 

神社は和歌特集ではなくなりました。

先月:人生に失敗がないと 人生を失敗する(齋藤茂太)

今月:一家は習慣の学校なり、父母は習慣の教師なり(福澤諭吉)

 

たくさん失敗できる機会をこれからも作りたいと思います。

不完全な人間であることに気がついて、

ひとりではできないことが沢山あるとわかります。

何かを尋ねたり、自分の意見(ときに偏見)を伝えられる人がいることが幸せです。

 

人間教育の基礎として 家庭内での良き習慣が 重要である(福澤諭吉『家庭叢談』)

たしかに家庭内での習慣は、その人の基礎になる気がします。

今は、基礎を見直すよい機会ですね。

人の基礎というと、仁とか礼とかが思い浮かびます。

仁も礼も健康であってこそなので、

健康であるためにどう過ごすべきか、

考えて実践してみたいと思います。

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
満開のさくら

重なった花びらを想像して五等分を描きます。

 

 

季節ごとに花を眺めて、そのイメージを彫ります。

まず大切なことは眺めること。

 

 

多くの生徒さんは徒歩圏内なので、

レッスン日には教室でお待ちしております。

公共の交通機関を使用しないと来られない方は

状況に合わせてレッスンの方法を考えましょう。

 

 

 

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
さくらと星

華やかな桜色。

 

 

シンプルな星が意外と難しい。

五等分のモチーフを重ねた春のデザインです。

 

桜の咲いているうちにどうぞ。

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
うぐいす色

 

ちょっと透明感のあるグリーンの石けん。

彫刻刀の外側の数で、その後の等分を決めます。

 

 

 

| カービング&タイ | - | - | pookmark |
| 1/152PAGES | >>